仕様について

フローリングは様々な樹種、形状、塗装があります。各製品において仕様についてそれぞれ形式の名称や種別のみ記載で解りにくい場合がございます。
より製品の理解して頂きやすいように、それぞれの仕様について説明します。

フローリングの構造

無垢フローリング・複合フローリングなどと呼ばれる製品の構造の違いについて説明します。

無垢フローリング

無垢単層フローリング 断面図

単層フローリングとも呼ばれ、木より切り出された1枚の木より製造された、まざりけのないと言う純粋に木だでけ製造されたフローリングです。無垢フローリングはF☆☆☆☆告知対象外建材となります。

FJL(Finger Joint Laminate)

無垢材を横方向にで貼り付けたコストとデザイン性のある製品となります(集成材)。 FJLは小さな無垢材を張り合わせることで作られるのでロスが少なく環境に優しい商品となります。F☆☆☆☆ の認定が必要となります。

FJL フィンガージョイントラミネート

複合フローリング

複数枚の基材を貼り合わせて加工されたフローリングで、床面には無垢の単板1~4mmの無垢材(挽板)を貼り製造されます。無垢フローリングでは難しいワイドな幅広フローリングや、床暖房対応など製造が可能です。
床面に無垢材を用いることで、無垢に引けを取らない質感があります。

複合フローリング 断面図

フローリングの形状について

フローリングは加工方法により様々な形状の製品があります。見た目の質感・デザイン性・製造コストなど形状により異なります。

フローリングの仕様

OPC:一枚物

チーク OPC(一枚物)フローリング

One PieCeの略で、1枚の板より切り出された継ぎ目の無い定尺フローリングとなります。1枚の板のためUNIに較べて継ぎ目がなく高級感があります。ただし、その分製造に対するロスも大きく高価となり、近年では環境保護の観点より樹種によりOPCの製造ができない樹種もあります。複合フローリングのOPCは床面の2~3mmが無垢材のため比較的製造コストが抑えることできます。

乱尺

ランダムな長さの1枚物の板で構成されたフローリングです。1枚1枚4方本サネ加工が施されています。一般的に1枚1200mmから400mmのサイズで製造されます。UNIと接続方法の違いだけと思われがちですが、乱尺仕様はUNIと同じ長さで並べた場合2~4枚で同等の長さとなる構成のため見栄えが良く高級感があります。

無垢フローリング チーク 乱尺仕様

UNI:縦継ぎ(Finger Joint)

Unitedの略で、通常3-6枚の無垢材をフィンガージョイントにより縦継ぎして製造された定尺のフローリングとなります。製品により3-5枚継ぎのものや、コストを抑えた4-6枚継ぎの物もあります。一般的な無垢フローリングはこのタイプとなります。

無垢フローリング UNI ナラ UNIタイプ

FJL(Finger Joint Laminate)

無垢材を横方向にで貼り付けたコストとエコ性のある製品となります。横方向縦方向とも不揃いなパーツを組わせるためデザイン性に優れます。フローリングについて製品により横方向の継も3ピース~9ピースなど様々です。

無垢 FJLフローリング

ヘリンボーン

短めのパーツをV字になる様に組み合わせて張り方を表します。語源はニシンの骨よりきています。フローリングの張り合わせた造形がそのような形に似ているためその様に呼ばれています。デザイン性に非常にすぐれています。ヘリンボーン用フローリングは、ヘリンボーンに張りやすい様にサイズ・サネを加工されたフローリングとなります。

無垢フローリング ヘリンボーン

パーケット

パネルのような造形で木を寄せ集め様々なデザインのタイプのフローリングです。パーツの組み合わせやパーツの形により様々なデザインのタイプがあります。

無垢フローリング チーク パーケット

フローリングの塗装

フローリングの塗装 UV塗装ライン
無塗装

何も塗装されていない。木そのものの状態

UVウレタン塗装

UV:ultra violetの略です。表面をウレタン樹脂やセラミックなどで堅い膜を作ります。表面をコーディングするため、水や汚れに強いが、キズがついた時などは、専門業者に依頼しないと補修が困難な場合があります。

PU塗装

PU:ポリウレタンの略です。家具の塗装に使用される塗料の中で、もっとも一般的なのがウレタン塗料です。ウレタン塗料は、木材の表面に薄く堅い膜を作るので、耐水性や耐熱性に優れ、輪染みが出来にくいのもメリットに揚げられます。

オイル塗装

浸透性塗料で、素材感や調湿効果を最大限に楽しめ健康に良いのが利点です。傷がついてしまった場合でも補修が容易です。(傷の度合いにもよります)
一方で自然素材なので水には弱いので日常の生活の中でも水ぶきは控えていただき乾拭きで十分なのでご注意ください。

UVオイル塗装

原料は植物性の塗料を使い、特殊な工程で表面を固める塗装です。化学薬品を使わないため、見た目は自然塗装のような仕上げになります。オイル塗装に比べ水や汚れにも強いのが特徴です。

ガラス塗装

液体ガラスが木の表面に浸透し、約4ミクロンのガラス層を形成する塗料です。木目を塗料で塞ぐことなく、木表面の凹凸まで埋める事が無いので、表面はツルツルテカテアすることが無く木本来の質感を楽しむことができます。浸透性塗料でありながら、耐溶剤性・防汚性・耐久性・耐傷性などに強く、水拭きによる毛羽立ちを気にすることなく、固く絞った雑巾などでほこりや汚れを拭取ることが可能です。

※光沢について:UV塗装や自然オイル塗装も含めてそれぞれ光沢がございます。UV塗装やウレタン塗装は日本国内の場合は光沢(Gloss)30%と言うのが一般的な仕様となります。近年ではつや消しUV塗装(光沢:Gloss10%)もあります。一部の自然オイル塗装も、つや有り・つや消し塗装が選択可能です。